受験は学力に見合ったところを選択すべき

いい学校に行っていい企業に入って働く、という目標を立てる方も多い世の中です。日本は学力社会なので、知名度の高い有名な学校に入ることは将来ためにも大切なこととずっと教育を受けているお子さんも少なくないでしょう。 実際には有名な大学を出ていなくてもしっかりとした人生を歩み、いい暮らしをされている方も大勢います。

でも社会人になるとき、今の日本で誰もが経験するのが、学歴なのです。履歴書を企業に送りすんなり面接してくれるのは一流大学の学生ばかり、知名度の低い大学に通っていた学生は企業の面接にこぎつけるのだけでも必死です。 そんな世の中ですから、保護者としても小学校でさえ大学附属校など有名中学に通わせたいと、中学受験を志すことも考えます。特に都市部に暮らすご家庭では地域によって中学受験は当然のことといった感じで、クラスの実に90%中学受験を経験するということもあるのです。 でも高望みしても合格しないのが受験です。通常、進学塾や家庭教師などを利用し、日本の受験制度に対応する学力をつけなくてはいい学校に行くことはできないとされています。

現に中学受験校の試験を見ると大人が目を見張るくらい難しいのです。学力が整っていない状態でより上の学校を!とお子さんに目標を与えるのは間違いです。 勿論、これから高校、大学受験を控えている学生さんたちが自分の能力に合わないところを選ぶのもよくないことです。当サイトは自分の実力に合ったところを受験する学校に選ぶことの大切さを知っていただくサイトです。実力に合った学校を選択する意味を当サイトと共によく考えていただけたら幸いです。